最近脱毛サロンでは全身脱毛をする女性が多くなっています。
従来に比べて脱毛料金が格安になってきて自分の予算の範囲内で全身脱毛が受けられるようになったからです。

ところで全身脱毛は永久脱毛ではありません。
サロンではフラッシュ脱毛による穏やかな光エネルギーを用いて脱毛するので永久脱毛ではなく減毛ができます。
美容クリニックや皮膚科などで医療用レーザーを用いて脱毛すると永久脱毛が可能となります。

ただサロンでの脱毛でも見た目的にはほとんど毛がなくなるので、実際上は十分なムダ毛処理効果や美肌効果があるといえます。

医療用レーザーは永久脱毛ができますが、高出力の光エネルギーを照射するので、その分痛みや肌の負担は大きくなります。
サロンでのフラッシュ脱毛は低めの光エネルギーを使用するので、肌負担や痛みが軽くなるというメリットもあります。

なので自分の肌質など総合的に考えて脱毛法を選択するとよいでしょう。

永久脱毛の定義は、脱毛後1ヶ月の内に再生率20%以下なら永久脱毛と認められます。
なので実は医療用レーザーで施術しても完全に無毛になるわけではありません。
安全性への配慮の意味でレーザーの強度をある程度抑制する必要があるのです。

医療脱毛とエステサロンの完了する日数とは

脱毛は毛周期(毛が生えかわるサイクル)に応じて施術を繰り返していきます。
そして、医療脱毛では細胞を破壊して処理を行い、エステサロンでは細胞にダメージを与える処理を行います。

どちらも1回の処理では完全にキレイな脱毛効果は得られないため、毛周期に合わせて処理を行いますが、かかる日数や回数にも違いが出てきます。
もちろん個人差はあるので平均的な数字としてみてみましょう。

医療脱毛では、レーザー脱毛を行った場合に、2、3カ月ごとに5回程度通う事で半永久的な効果を得る事が出来ます。
毛周期に合わせての処理なので回数はかなり少なく効果的な処理が行われます。

エステサロンでの脱毛処理では、1回の効果が高くありません。
そのため、10回以上通うとようやく目立たなくなってくるという程度の効果です。
細胞が破壊されているわけではないため、その後も新しく生えてくる事もあります。そのため、効率的な脱毛効果を期待するならば医療脱毛の方が高い事が分かります。